バイトとは

バイトとはアルバイトの略語で、ドイツ語で労働を意味する名詞です。多くの方は英語だとおもっていたのではないでしょうか。

 

そんなアルバイトは、明治時代に学生の間で使われていた隠語が、一般に広まったものなんです。そのドイツ語でアルバイトと言えば労働全般をさしますが、日本では非正規雇用者ことを言います。

 

日本で言うアルバイトですが、アメリカではパートタイムジョブやサイドジョブと言います。アルバイトと正社員の区別については習慣的なもので、企業がそのように呼び分けているだけなんです。

 

法的にはどちらも労働者であり、単に労働時間や契約期間から異なるだけです。ですからアルバイトであっても、有給休暇を始めとする労働者ぼ権利の行使や、福利厚生などの提供を受けることもできるんです。

 

ただ多くの企業では、アルバイトやパートに関してそのような提供をしてないのが実情です。このようなことは多くの方は知りませんよね。でもパート社員という名称で働いている人の中には、このような福利厚生や有給休暇などを提供されている方もいます。

 

これも企業で決めることであって、大手企業でも福利厚生は提供しているけれども、有給休暇の提供はないという会社が多いのです。ちょっと理不尽な気もしますが、このようなことを会社で訴えても、労働組合の無い会社では相手にされないんです。

 

今は正社員よりもバイトやパートで働く人が沢山います。自分の時間を大切にする人が多いということなのでしょう。それも一つの生き方だとは思いますが、できるならば安定した職業のほうが良いと思うのは私だけでしょうかね。

 

バイト 探し

バイトとパート

よく求人広告で「パート募集」「アルバイト募集」というのを見ますが、バイトとパートの違いってなんなのでしょうか。

 

一般的にはアルバイトは学生がする短期労働で、パートは中高年の人がする短期労働だとおもっているとおもいます。実際にはその通りなのですが、ちょっと違う点があります。

 

アルバイトは学生さんがするために、学校を卒業すると多くの方はやめてしまうために、比較的に短期のお仕事が多いのです。またパートさんの場合は、学校に行っていない社会人や主婦の方を対象にしていますから、一定の時間以上を長期で継続的に働ける人の事を言います。

 

ですからパートさんのほうが福利厚生があったり、有給休暇があったりする場合が多いんですよ。でも法的には両方とも「パートタイム労働法」と言われており、正社員と比べて1週間の所定労働時間が短い労働者と定められています。

 

でも今は正社員と同じ時間で働くパートやアルバイトの方も多いのが現状ですよね。就職難と言われている時代ですから、このように働く人も増えているんです。

 

しかしこれは実際には労働基準法には反していますから、訴訟を起こした場合には勝つこともできます。一定の時間以上を働いた場合には、正社員にしなくてはいけないという法律もあるんです。

 

しかし多くのパート・バイト労働者の方は、細かいことや面倒なことを避けるので、このように訴訟を起こすことは少ないのです。働いた分だけしっかり貰えば良いとおもっている人が多いのが現状です。

 

看護師資格のある方で、再就職を探している方は、「看護師の再就職」を参考にしてください。